本文へジャンプ

子宮がん(ガン、癌)の治療1

まず現代医療の子宮がん(ガン、癌)治療をまとめます。

  1. 手術療法
  2. 放射線療法
  3. 化学療法

の一般的ながん(ガン、癌)治療の三本柱です。

  • 子宮頚がん

上皮内がんの場合、冷凍療法(cryotherapy),レーザー凝固、円錐切除、単純子宮摘出が手術的治療で行われます。

それ以外の子宮頚がんは、広汎子宮全摘出術が行われます。転移のある子宮頚がんや膣壁下1/3,骨盤壁などに広範に浸潤しているものは、手術適応はなく、化学療法と放射線療法になります。

  • 子宮内膜(体)がん

子宮内膜(体)がんが子宮体部に限局している場合は、準広汎子宮全摘出術+両側付属器摘出+リンパ節郭清が手術治療で選択されます。子宮内膜(体)がんが子宮頸部に及ぶ場合は、広汎子宮全摘出術、にリンパ節郭清が基本です。 子宮内膜(体)がんが子宮外に及んだり、あるいは転移しているものは手術に加えて化学療法と放射線療法を行います。



無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。