本文へジャンプ

子宮がん(ガン、癌)の症状・特徴

子宮がん(ガン、癌)の一般的な特徴・症状についてお話します。

子宮がん画像
  1. 子宮がん(ガン、癌)の症状
    • 子宮頚がん:ほとんどは進行するまで無症状です。進行すると性交後出血、不正出血が認められます。
    • 子宮内膜がん(子宮体がん):不正出血で発見されます。
  2. 子宮がん(ガン、癌)の病因
    • 子宮頚がん:パピローマウイルス(HPV16,18,31,33,35)が原因とされています。
    • 子宮内膜がん(子宮体がん):エストロゲンが増殖因子として重要です。
  3. 子宮がん(ガン、癌)の危険因子
    • 子宮頚がん:若年での性交経験、多数の性交経験、喫煙、免疫低下。いずれもパピローマウイルスが増殖しやすい条件です。
    • 子宮内膜がん(子宮体がん):肥満、高血圧、糖尿病、妊娠経験なし、遅い閉経など。いずれもミトコンドリアの機能低下とエストロゲンの暴露の多さに関係しています。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。