本文へジャンプ

子宮頚がん(ガン、癌)と妊娠

  • 妊娠検査を契機に子宮がん、あるいは子宮頚がんの検査を契機に妊娠が判明することがあります。その場合の一般的な治療方針について述べます。
  • 妊娠それ自体は、子宮がんを促進することはありませんので、ご安心ください。
  1. 子宮頚がんが早期子宮がん(表皮内がん)の場合
    妊娠中、3か月ごとに細胞診と子宮鏡の検査を行う。治療は産後に行う。
  2. 子宮頚がんが微小がんであり、浸潤子宮ガンでない場合
    切除バイオプシー検査で浸潤子宮がんでないことを確認し、治療は産後に行う。
  3. 子宮頚がんが浸潤子宮がんの場合
    • 妊娠24週以前:拡大子宮摘出術+放射線療法
    • 妊娠24週以後:約32〜33週まで胎児の成熟を待ち、帝王切開後、拡大子宮摘出術+放射線療法を行う。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ