本文へジャンプ

子宮がん(ガン、癌)の治療2

崎谷研究所の子宮がん(ガン、癌)の治療方針

子宮頚がんと子宮内膜がん(子宮体がん)の治療は、極力子宮がん細胞の拡大を抑え、同時に自己治癒力を引き出していくことに集約されます。

子宮がん(ガン、癌)の発生の原因となる酸化ストレス(感染、重金属、紫外線などの放射線など)を除去しながら、現存する子宮がんの拡大を防ぐことが治療の柱となります。

子宮がん(ガン、癌)の発生の原因となる酸化ストレスを生活習慣改善で除去し、抗がん剤や自然治療を併用して現存する子宮がんそのものの拡大・転移を抑えていきます。

崎谷研究所の子宮がん(ガン、癌)治療の概要は、

  1. 子宮がん(ガン、癌)細胞の拡大をストップする
  2. 生活習慣、環境要因を整えることで酸化ストレスに耐性をつくる
  3. 自己治癒力を引き出す

この治療方針は子宮がん(ガン、癌)治療のゴールデンスタンダードです。子宮ガンの拡大・転移を防ぎ、時間をかけてゆっくり生活習慣改善を実行し、自己治癒力を引き出していくという統合治療が子宮がん(ガン、癌)の治療戦略となります。抗ガン剤を使用する場合は、副作用を軽減する方法も併用していきます。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ