本文へジャンプ

子宮頚がん(ガン、癌)の検査

子宮がん(ガン、癌)の一般的な検査についてお話します。

子宮頚がん(ガン、癌)の検査

  • 子宮頚がん

・細胞診(Pap)。性活動開始3年以内〜70歳まで毎年スクリーニングを行います

    

・細胞診で異常が疑われた場合のさらなる検査

パピローマウイルス(HPV16,18,31,33,35が子宮頚がんと関係)の検索

・子宮鏡による子宮内観察

    

・バイオプシー(生体検査)

ステージ 表皮内がん(早期子宮頚がん、CIN: cervical intraepithelial neoplasia)
上皮内がん陰性
非典型的扁平上皮がん
低分化扁平上皮内がん
高分化扁平上皮内がん

早期子宮頚がんの治療
子宮頚がん冷凍療法、レーザ治療、電気凝固治療、子宮頚がん切除治療、子宮摘出術

  • 浸潤性子宮頚がん(悪性)の場合
    ・胸部レントゲン、CT,MRI、腎盂造影などで子宮頚がんの拡がりと転移巣を検索します。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ