本文へジャンプ

子宮がんについて2

どのような治療を選択すればよいのか?


子宮がんを代表とするガン疾患は、単一の原因で起こるものではなく、衣食住の環境因子が複合に絡み合っておこる慢性病です。遺伝子のオン/オフもすべては環境因子が細胞膜に信号を送ることで情報がリレーされて起こります。

子宮内膜がん(子宮体がん)は、インフルエンザウイルス感染症や結核のように、病原体→感染症という簡単な図式(線形病)ではなく、環境複合因子→慢性炎症という複雑系(非線形病)の形をとります。子宮頚がんについてもヒトパピローマウイルスの感染後の複雑な慢性炎症反応によって子宮頚部のガン化が起こってきます。

子宮頚がん、子宮内膜がん(子宮体がん)のいずれも早期発見では手術療法で完治する可能性があります。しかし、子宮内膜がん(子宮体がん)は卵巣がんと同じで腹部の深いところに拡大していきますので、手術では完治できない場合があり、その場合は術後に放射線療法や抗がん剤治療を加えていきます。

術後抗がん剤治療、放射線療法による副作用を最小限に抑えながら、自己治癒力を向上させる治療が最も理にかなっています。

当研究所の子宮がん治療方針は、子宮がん(子宮頚がん、子宮内膜がん(子宮体がん))という複雑系の病気に対して、個々人に応じた心理サポートを含めた自己治癒力を向上させる多数のアプローチを提案いたします。

抗がん剤による副作用は長期になるほど大きくなります。抗がん剤を長期的に投与しなければならない場合、子宮がん細胞以外の組織に与える毒性を軽減する方法が求められています。

以下に実際の一般的な子宮がん治療をまとめます。

@子宮ガン発症・進展の原因となる酸化ストレスを予防原則に従って軽減させる生活習慣を直ちに実行する。

A子宮頚がん、子宮内膜がん(子宮体がん)のいずれも早期発見では手術療法を第一選択とする。

B進行子宮がんの場合、抗ガン剤の投与を考慮。副作用が重篤でない場合は、継続する。副作用を軽減させる治療も併用する。

C抗ガン剤の副作用が重篤な場合は、減量するか中止する。副作用を軽減させる治療も併用する。

D痛みが強く、生活に多大な支障が出ているときは対処療法(モルヒネ)で痛みを軽減する。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ