本文へジャンプ

子宮がん(ガン、癌)の原因3

発ガン物質として有名なタバコ、ラドン、石油化学物質、アスベスト、毒性物質、紫外線などのほかに私たちのライフスタイルが発がんと強く関係していることが分かっています。

米国では1990年代初期から,25?64歳の4大がん(肺がん,乳がん,前立腺がん,大腸がん)の死亡率が低下しています。エモリー大学のグループは,種々の統計データを用いて,1993?2001年のこの年齢層の4大がん死亡率を学歴別に比較しました(Kinsey T, et al. J Natl Cancer Inst 2008; 100: 1003-1012. )。

その結果,少なくとも16年間教育を受けた男女および人種層では,黒人女性の肺がんを除いて,各がんの死亡率はすべて有意に低下していました。対照的に,教 育歴が12年未満の人々では,死亡率の有意な低下が認められたのは白人女性の乳がんのみで,白人女性の肺がんと黒人男性の大腸がんの死亡率はともに有意に 上昇していました。

この米国における近年の主要ながんの死亡率低下は主として高学歴層の死亡率低下を反映している結果は何を意味しているのでしょうか?

がんのような老化に伴う病気は特に生活習慣によって予防や進展防止が可能であることを示しているのです。生活習慣改善を馬鹿にせずに実行した方には健康という経済的にも見合う財産を享受するでしょう。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ