本文へジャンプ

子宮がん(ガン、癌)の原因2


子宮がん(ガン、癌)の環境危険因子について

  • 子宮がん(ガン、癌)の危険因子は以下のものです。
・高血圧
・糖尿病
・妊娠回数の少なさ
・肥満
・遅い閉経

子宮がんの家族歴は危険因子とされていませんので、やはり子宮がんの発生には、生活習慣を含めた環境因子が大きな比重を占めています。

  • 子宮がんの発生が減る因子としては、避妊薬の服用があげられます。

いずれもエストロゲンの増加や月経回数が多い場合に、子宮がんの発生率が高まります。したがって、閉経後の更年期障害のホルモン治療も子宮がん発生の危険が高まります。

  • 当研究所の生活習慣改善では子宮がんの危険因子の排除を行っております。 子宮がん(ガン、癌)の発症・進展あるいは転移を阻止することは当研究所の生活習慣改善法で可能です。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ