本文へジャンプ

子宮がんQ&A

子宮がんでお悩みの多くの方から当研究所に寄せられたご相談内容の一部を掲載いたします(個人情報は抹消しております)。ご自分の今後の治療にご活用頂けたら幸いです。

Q2.23歳女性です。妊娠14週目の子宮スメア検査で高度異形成と診断されました。子宮内視鏡検査では異常がなかったので安心しています。主治医は子宮頸癌になる可能性はゼロではないので、組織検査が必要といいますが、気が進みません。アドバイスよろしくお願いいたします。

A.スメア検査での高度異形成と診断された場合、約1−2%の人が子宮頸癌に進展すると見積もられています。

したがって、妊娠中は子宮内視鏡で定期的に子宮頸癌病変をチェックすることと出産後6−8週後に生検検査で子宮頸癌を否定しておくことが推奨されています。

子宮頸癌になる1−2%という数字をどう見るかは個々人の判断になります。どちらが正しいとはいえません。検査や治療を拒否する権利は認められていますので、あとは上記の情報をもとにご自分でお考えになってください。

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ