本文へジャンプ

再発子宮がんにtopotecan+ドセタキセル併用が有望

再発性・転移性の子宮内膜がんおよび卵巣がんに対するtopotecanとドセタキセルの2剤併用療法が、臨床的に有用なだけでなく、忍容性も良好であるとする知見をGynecologic Oncology(2009; 113: 327-330)に発表しました。

再発性・転移性の子宮内膜がんと卵巣がんは治療が困難で、既に他の組織に転移し、すでに化学療法に対する耐性があります。

以前の臨床試験では、topotecanとドセタキセルは再発性婦人科がんに対してそれぞれ有効性が示されています。アルバートアインシュタイン医科大学が実施した第II相 試験(比較的少数の患者さんでの効果判定試験)は、婦人科がんに対してこれら2剤を併用した初めての試験で、再発性の子宮がん、卵巣がん、卵管がんまたは腹膜がん患者24例を対象としました。

被験者は、試験初日およびその後3週間にわたり週1回、topotecanとドセタキセルの併用治療を受け、1週間の休薬期間が設けられました。その後、被験者は最終的にこのような治療を6サイクル受けました。

被験者は、試験初日およびその後3週間にわたり週1回、topotecanとドセタキセルの併用治療を受け、1週間の休薬期間が設けられました。その後、被験者は最終的にこのような治療を6サイクル受けました。

以上の結果からより大規模な臨床試験(第III相試験)を行う意義があるという主張をしています。通常は、抗がん剤併用で毒性は増しますので(効果の代償として)、副作用が軽度であるということは不思議ですね。生存率が大幅に上昇するわけではありませんので、あまり期待のもてない従来の治療法といえるでしょう。

ニュース目次へ

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士・臨床心理士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ