本文へジャンプ

第二の子宮頸癌ワクチンは別型のヒトパピローマウィルス(HPV)を予防

米国ではすでに子宮頸癌の予防ワクチンが認可されて使用されています。今回、医薬品業界の雄であるグラクソ・スミスクラインが資金提供して、新しいヒトパピローマウイルスワクチン(サーバリックス)が16型、18型HPV感染に有効であることがLancet7月8日号(2009)で発表されました。

このヒトパピローマウイルスワクチン(サーバリックス)は、すでに90カ国で認可され、2009年6月に世界保健機構(WHO)で承認されました(米国ではまだ審査中)。WHOで承認されたということは、発展途上国での子宮頸癌の予防目的でこのワクチンが使用されるということです(その資金の大半は日本が負担するのでしょう)。

この研究は、ヘルシンキ大学で15〜25歳までの女性で子宮頸癌の予防目的でワクチンを接種した18,644人(17,106人が全3回の接種を受けました)を中央値34.9ヵ月の間追跡調査を行ったものです。子宮頸癌の予防目的でワクチン接種した女性の半数は関係のないA型肝炎ワクチンを接種されました。これを盲検化といい、ワクチンがプラセボ(気のせい)でないかどうかを確認する一般的な手段です。

この子宮頸癌予防ワクチンは、全3回の接種を完了した女性の約93%でグレード2の前癌病変のリスクを減少させたということです。約62%の女性は、子宮頸癌に関係する14種類のHPVのいずれにも感染しなかったという結果も出たようです。

ワクチンという聞くとどうしても製薬会社の金儲けのようにしかとらえられないほど、その効果、副作用や合併症が賛否両論ですが、ここは製薬会社の良心にかけたいところです。

ニュース目次へ

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み(ご相談内容を厳選して、選考の上 ご返答させて頂きます。)    お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ